WordPress

仮想環境で WordPressを構築 Vagrant編

初心者でもできるWordPressを仮想環境(Vagrant)で簡単に構築する手順を公開します。わかりやすいように設定などは、Githubにまとめてあるのでほとんど必要ないです。Git cloneして自分の環境で試してみてください。

はじめに

WordPressの仮想環境構築をするにあたっての基礎知識を以下にまとめました。

[初心者用] WordPressの仮想環境構築の基礎知識WordPressのサイト作成やテーマやプラグインを作成する場合、ブラウザからではなくしっかりとファイルの中身をいじっていく必要がありま...

Vagrantのインストール

前提としてVirtualBoxとVagrantのインストールが必要ですが公式からやれば問題ないです。
VirtualBox
Vagrant
公式サイトからダウンロードしてインストールしてください。
また、使い方に関しては、ドットインストールのWordPress入門を参考にするとわかりやすいです。
Vagrant入門 (全13回) – プログラミングならドットインストール

環境構築について

いまから環境構築をやっていきます。VagrantでインストールするUbuntuは現在最新版(LTS)のUbuntuの18.04をインストールします。
作業するエディタはVimを使っていますがテキストエディタであればなんでもいいです。

Vagrantの設定

$ mkdir -p ~/Vagrant/ubuntu18/share && cd ~/Vagrant/ubuntu18
$ vagrant init ubuntu/bionic64
$ vi Vagrantfile
Vagrant.configure("2") do |config|
config.vm.box = "ubuntu/bionic64"
config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080, host_ip: "127.0.0.1"
config.vm.synced_folder "./share", "/home/vagrant/share"
config.vm.provision "shell", inline: <<-SHELL
apt update
apt install -y php7.2 php7.2-fpm nginx mariadb-server
SHELL
end

コマンドの説明

  • config.vm.boxは、vagrantの使用するbox名(必須)です。
  • config.vm.networkは、ポートフォワーディングを設定します。
  • config.vm.synced_folderは、ホスト側のフォルダをゲスト側に共有させます。
  • config.vm.provision “shell”は、Provisioning(プロビジョニング)するコマンドです。Provisioningというのは、最初の1回目の起動時にインストールを済ませること。また、デフォルトではroot権限なので[sudo]は必要ないです。

これでVagrantの下準備は、完了となります。

Vagrantのコマンド一覧

以下にコマンド一覧を書いておきます。(# をつけているのはコメントアウトなので必要ないです。)

$ vagrant up # 起動
$ vagrant ssh # 接続
$ vagrant status # 状態を確認
$ vagrant halt # 電源オフ
$ vagrant plugin install [plagin name] # プラグインのインストール

$ vagrant sshをしたあと接続の切り方は、[Ctrl + D]です

PHP(PHPのFPM)の設定

server {
listen 80 default_server;
listen [::]:80 default_server;

root /var/www;

# Add index.php to the list if you are using PHP
index index.html index.htm index.nginx-debian.html;

server_name _;

location / {
# First attempt to serve request as file, then
# as directory, then fall back to displaying a 404.
try_files $uri $uri/ =404;
}

# pass PHP scripts to FastCGI server
location ~ \.php$ {
include snippets/fastcgi-php.conf;
fastcgi_pass unix:/var/run/php/php7.2-fpm.sock;
}
}

WordPressをダウンロードして配置

WordPress.orgからWordPressをダウンロードします。インストールしてきたWordPressを入れます。zipファイルでダウンロードされるので右クリックなどで解答してからshareフォルダーに入れてください。

以下のような状態になっているはずです。

$ cd ~/Vagrant/ubuntu18/share && ls
wordpress
$ cd wordpress && ls
index.php wp-config-sample.php wp-mail.php
license.txt wp-content/ wp-settings.php
readme.html wp-cron.php wp-signup.php
wp-activate.php wp-includes/ wp-trackback.php
wp-admin/ wp-links-opml.php xmlrpc.php
wp-blog-header.php wp-load.php
wp-comments-post.php wp-login.php

これでWordPressの下準備は、完了となります。