Programming

プログラミングには価値がある

なぜプログラミングに価値があるかというと「稼げる」からです。

プログラミングは、初心者から上級者までスキルによって様々ですが

初心者からでも新入社員レベルで稼ぐことができます。

プログラミングが稼げる理由

私の経験では、正社員の派遣だったのですが

顧客から年収600万円で雇われて、実際は普通の新入社員と同じ金額(22万円程度)の給料です。

なぜかというと派遣会社が40~45%持っていくからです。

このことからITは、需要が高く供給がまだまだ足りていない市場ということです。

初心者でもいいから欲しいっていうくらいです。

企業からすれば、「実力のある中級者や上級者が欲しい!」

というのが本音だと思いますが、そういう方を招く資金も時間もない。

ということで最近は、経験なしでも最低限の知識と技術で就職できますし

一年もどこかでチーム開発すれば様々な企業を渡り歩くことができます!

でも…どうやって勉強すればいいんだろう…。

そう思った方もいるかもしれませんね。でも安心してください。

プログラミングのスキルを習得する道のり

無料でプログラミングを勉強することができるので

無料で勉強することをおすすめします。

大学生や転職するために一旦会社をやめて時間がある人は本当におすすめです。

一気にやれば1ヶ月でもマスターできる方も多くいます。

おすすめの勉強サイトは、

「Progate」と「ドットインストール」です。

また、就職までが目的でも無料でサポートしてくれるサービスは、多くあります。

グーグルで調べると色々な企業がサポートしているので

「無料 就職サポート プログラミング」で検索すると良いと思います。

プログラミング言語は何に使われているのか

何をするかによってプログラミング言語を選ぶ選択肢が大きく変わります。

プログラミングでできることは、大きく分けて次のような感じです。

  • アプリ開発
  • ゲーム
  • IoT
  • AI
  • WEB

アプリ開発

アプリ開発の場合は、AndroidとIOSによって異なります。

Androidの場合は、基本的にほとんどがJavaです。

フロントエンド側は、HTML/CSSで書いたりもします。

IOSの場合は、Swiftという言語を使用します。

Xcodeという開発専門ツールを使うことで簡単に開発することが可能なので

Androidの開発より難易度は低くなり、勉強コストも低いのでおすすめです。

※Androidのアプリを公開するのは無料でもIOSは有料です。

仕事にする場合は、大した問題ではないですが個人でやっていくなら

相当なIOSに執着がある人や成功する自身がある人以外は、Androidからやってみることおすすめします。

ゲーム開発

ゲーム開発は、色々あると思いますが

最近だとUnityが有名です。

そこで使われている言語は、C#とJavaScriptです。

※ここで使われるJavaScriptは通常のモノとは若干違います。

C#という言語は、C++とJavaのいいところを足したような言語となっております。

非常に扱いやすい言語なのでおすすめの言語でもあります。

IoT

IoTとは、何なのかと言われると

やっていることとしては、基本センサーなどの情報を送ったり

電気を自動で切ったりいれたりする制御とかです。

使用する言語は、CやC++、最近ではPython少し増えてきています。

C言語はプログラミング言語の中でもハードに近い言語なので

ソースコードは、非常に長くなりがちですが実行速度がめちゃ早いです。

制御系は、実行速度が人間の命にも関わったりするのでC言語を主に使うことが多いです。

それとC言語は、バイナリの実行ファイルを入れるだけで動くので容量も少ないことから

非常にIoTと相性がよいプログラミング言語です。

AI

AIは、Pythonがほとんどですね。

Pythonは、GoogleのおかげでAI用のライブラリが豊富です。

なのでAIといえばPythonが多いです。

また、速度重視やC++に慣れている方は、C++で実装することも割と多いそうです。

WEB

WEB系は、サーバー側でPHPとRubyとPythonとNode.jsやGo言語など色々あります。

特にWEBフレームワークと呼ばれるソースコードをわかりやすくしてくれるモノをよく使って開発します。

フレームワークには特有のルールを覚える必要がありますが

ルールさえ覚えれば、ものすごく速くやりたいことを実現させることができます。

有名なフレームワークは次のような感じです。

  • Rubyは「Ruby on Rails」
  • PHPは「Cake PHP」
  • Pythonは「Django」
  • Node.jsは「Express」
  • Go言語は「Revel」

また、フレームワークは、サーバー側に限ったことではなく

フロントエンド側にも便利なモノが数多くあります。

  • CSSのフレームワークの「BootStrap」
  • HTMLのテンプレートエンジン「Pug(前の名前はJade)」
  • HTMLのテンプレートエンジン「EJS」
  • CSSのメタ言語「SCSS(またはSass)」
  • JavaScriptを生成する「CoffeScript」

HTMLのフレームワークで有名なのは、

  • React
  • Vue.js
  • Angular

といったところです。

WEB系は、代わりが激しいのでリファレンスを読む癖をつけておかないと

できることができなくなったり、もっと良い方法が常に生まれてきます。

また、最新のものだと日本語の記事が見つからない場合もあるので

英語力を鍛えることも重要になってきます。

まとめ

あなたは、何に興味を持っていますか?

また、興味はあるけどWEB系の知識全くないし難しそうだなぁー…。

ということもあるかと思います。

でも自分が一番興味あるものを勉強するのが一番楽です。

なぜかというとやはり勉強していく上で、モチベーションが本当に大事だからです。

モチベーションさえあれば必ず習得できます。

わかってくればそれほど難しいものではありません。

諦めずにスキルを習得し、それを仕事に生かしていきましょう。

きっと楽しいはずです。