Life Hack

ルーキーはベテランよりも成果を出しやすい!

みなさん、成果が出やすいのはルーキーとベテランどちらだと思いますか?

普通に考えるとルーキーは、経験が浅いのでデメリットだと思う方が多いと思います。

しかし実は、「ルーキーの方が成果を出しやすい」と言われています。

新しいアイデア

ベテランは、自分の経験から法則を見つけ出し

その法則に従った意見しか出さなくなります。

しかし、ルーキーは経験がないので様々な角度からアイデアが生み出され

常識では考えられないアイデアも出すことができます。

例えば、数学の問題で自分が知っている公式で答えが導けたとします。

そうすると、その公式を使おうとしてしまいます。

しかし、ルーキーはその公式を知りません。

自分で同じ公式を導くこともあるかもしれませんが、

問題を解くために様々な新しいアイデアを出し、答えを導くことになります。

したがって、ベテランは新しいアイデアを考えずに「現状の知識」を使用する。

ルーキーは「常に新しいアイデア」によって答えを導き出す。

プレッシャー

ベテランは、今まで築き上げてきたものがあるので

プレッシャーをとても感じやすい傾向にあります。

しかし、ルーキーは何も築いていないのでプレッシャーゼロ

様々な新しいことにアクティブに挑むことができます。

例えば、仕事で20年間のベテランだったとして

顧客は、20年もの経験からいつも通り問題を解決してくれるという前提条件があります。

しかし、ルーキーは経験が浅くどんなエラーが起きても必死に解決していけば

多少時間はかかったとしても仕方ないという気持ちになれます。

そういう思いを顧客側と開発者側の両方が抱えます。

よってルーキーであればあるほど「プレッシャーが少なく」なります。

成長

ベテランは、「自分の知識を活かせることに挑もうとする」傾向があります。

自分の知識を活かせば、問題はすぐに解決することができ

それがビジネスになり、対価が支払われるため対価は大きくなります。

しかし、自分の知識範囲内で解決してしまうと脳を使わないため

あまり成長することができません。

ルーキーは、経験がないので何に挑んでも大して差がありません。

したがってルーキーは、「多くの新しいことに挑みやすい」傾向にあります。

ある戦略コンサルタントの名言で

人は、モノゴトに初めて挑む時、情熱的かつ勤勉に取り組む」といいます。

なるべく新しいことに挑むことで、常に情熱的で勤勉でいられるということです。

これは、「ルーキーの方が成長できる可能性が高い」ということです。

常にルーキー

常にルーキーとして生きる。

「常に新しいことを探す」というのは、難しそうに聞こえます。

しかし実際は、そうでもないです。

普段の日常生活で多くの人がやっていることです。

例えばSNSで誰かが新しいサービスの情報を持ってきてそれを目にし

そのことについてブラウジングで情報を集めてみる時

本屋に行くと新しい面白い本が置いてあって、購入して家でじっくりと読んでいる時

これも新しいことから生まれた情熱であり、勤勉さです。

重要なのは、新しいことをそのままにしておかないこと。

興味が出たならとことん内容や仕組みを知ってみること。

そうすることで他の人よりもものすごく早いペースで知識のネットワークが構築され

斬新なアイデアが出てくる。

常に何かの分野についてルーキーとして

知識ゼロからしっかり学んでいくと成長速度はものすごく早いです。

常に新しい分野のルーキーを目指していきましょう。

まとめ

「経験がないというのは、デメリット」という固定概念を消し去れば

私は、経験がないからこそ様々な新しいことに挑みやすく

様々な経験から「斬新なアイデア」を生み出し、それをビジネスにすることができる。

情熱と勤勉さ」を常に維持できることから成長速度がベテランよりも早いんです!といえますね。

ルーキーの強みを持って仕事に取り組んでいきましょう!

それでは、また!